治療の流れ of tsurumi perio acrossplazadental

logo.psd横浜の歯周病専門医院 鶴見 東神奈川 菊名 妙蓮寺 西寺尾 東寺尾 松見町 大口 新子安など広い範囲から患者様が来院されています

厚生省認定 日本歯周病学会歯周病専門医のアクロスプラザ歯科医院

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

tsurumi perio acrossplazadental since 2011-03-13

歯周病専門医による確実な診断、そして治療を

治療の流れ

1 歯周基本治療 原因除去治療
 プラークコントロール、スケーリングを徹底的に行い歯周病の最大の原因を除去します。

2 再評価検査 治療の成果、歯周組織の反応を確認します
 予後の判定と治療計画の修正を行います。また治癒しない部位、反応が悪い部位は原因を検討し、今後の治療方針の修正を行います。

3 歯周外科手術
 基本治療を行ってもなお歯周ポケットが残存する部位は外科治療を行います。

フラップ手術 4㎜以上の深いポケットを確実に除去するための手術です。
歯周組織再生療法 限局的な骨欠損に対して行い、歯周組織を再生することを目的とする手術です。
結合組織移植手術 限局的に歯肉が退縮してしまい、知覚過敏やブラッシング時の痛みがある部位に健康な歯肉を移植して歯肉の形態を整える手術です。

4 再評価検査 咬合機能の回復、審美、発音機能の改善を行うため治療の成果を確認し適切な修復、補綴治療の計画の基とする

5 口腔機能回復治療 咬合機能と共に、審美、発音機能も回復し快適な生活を送れるようにする
被せ物、義歯、インプラント治療を中心に行います。歯列不正の場合矯正治療を行います。

6 メインテナンス.サポーティブペリオドンタルセラピー
歯周病の再発を防止するために定期的なメインテナンスを行います。また全身的な疾患があるために外科手術が行えない患者様には、短い間隔で口腔内清掃等を行い再発防止に努める。