歯周病治療について of myourenji perio acrossplazadental

logo.psd横浜の歯周病専門医院 妙蓮寺 鶴見 東神奈川 菊名 西寺尾 東寺尾 松見町 大口 新子安など広い範囲から患者様が来院されています

厚生省認定 日本歯周病学会歯周病専門医のアクロスプラザ歯科医院

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

myourenji perio acrossplazadental since 2011-03-13

歯周病専門医による確実な診断、そして治療を

sishu.gif
1.細菌因子 歯垢=プラーク
2.環境因子 口腔内への関心度、喫煙、ストレス
3.生体因子 口腔内環境因子、歯ぎしりなどの悪習慣 高血圧、糖尿病などの全身疾患


最大の原因は歯垢です。歯垢は食べかすとは違います。細菌の塊なのです。したがって、歯面に付着した歯垢を取り除くための正しいブラッシングが何よりの予防法、治療法となります。
※口腔内環境因子とは歯並びやかみ合せなどに不具合がある事をいいます。

健康と幸せを提供する

歯周病の検査を正確に行う

歯周病は通常痛みなどのはっきりとした自覚症状が非常に乏しい為に、見逃されがちな病気です。
ある一定のレベルを越えて進行してしまった歯周病は残念ながら治療が困難となる場合もあります。
歯周病を早期に発見し、出きるだけ早期に治療する事が、歯周病治療の効果を高め、歯を温存する可能性を高めます。
まずは痛みなどの自覚症状がなくとも、“歯周病の検査”をお受けになることをお勧めいたします。
R2.jpg


    ↓



出来る限り歯を抜かない   共にゴールを目指す

一般的な歯周病(慢性歯周炎)に関する治療法は、ほぼ確立されています。私達は、出来る限り歯を抜かずに歯周病治療する事で歯を温存できるよう日々努力しています。







DSC_0063.jpg

    ↓



予防/メンテナンス 

歯周病は再発傾向のある病気です。健康な状態を維持するために、長期的に治療効果を継続させるために、日々の歯ブラシの充実、定期的な検診、クリーニングなどの徹底した予防、メンテナンスがとても重要です。




DSC_0067.jpg


    ↓




across09.jpgacross01.jpgDSC_6710.JPG